TOKYO 2020 Support site



airticket☟click VTR on the air

2020年東京五輪・パラリンピックに向けたさまざまな取り組みが進む中、厚生労働省が「たばこ白書」をまとめた。これまで日本のたばこ対策は世界最低レベルといわれてきたが、報告書は「屋内の100%禁煙化を目指すべき」を提言している。なぜ、屋内全面禁煙にこだわるのかといえば、夏季五輪の開催都市でレストランや公共施設での屋内禁煙は“世界基準”になっているからだ。世界有数の喫煙大国・日本の取り組みに世界が注視。「日本の常識は世界の非常識」-。これまで日本のたばこ対策はどっちつかずで、世界では類をみないほどの喫煙大国といわれてきた。東京ドームでは客席やコンコースとも禁煙だが、一塁側と三塁側のコンコースに喫煙室が設けられ、両チームの攻防がチェンジするたびにスモーカーが一斉になだれ込み、紫煙をくゆらす光景が日常化している。ナゴヤドームでも内外野にガラス張りの喫煙室が設けられ、愛煙家のたまり場になっている。時代の流れとして、受動喫煙防止の強化はスポーツ、文化芸術の各施設にまで及んでいる。これまで世界に後れを取ってきた日本のたばこ対策だが、東京五輪を迎えるにあたって、そろそろ180度舵を切り、厳しい施策を打ち出すべきではなか。COPDの初期症状は、「咳や痰が出る」「風邪が治りづらい」から始まり「階段の上りで息切れがする」「呼吸が続かず運動が困難になる」と、次第に悪化していきます。病気が進行していくと「着替えをするのさえ呼吸が辛い」となり、更に重度になると自宅での酸素吸入が必要になります。また、上手く呼吸ができていないことで全身のバランスを崩してしまい、単なる肺の病気にとどまらず様々な合併症を起こします。COPDの治療はまず「禁煙」することから始まります。